SaMALとは?

相模湾・三浦半島アートリンク(SaMAL = Sagami Bay and Miura Peninsula Art Link)とは、相模湾・三浦半島エリアにおいて活動する地域発住民主体のアートプロジェクトやアート関連団体を連携させ、相互に協力するネットワークを構築しようとするものです。
それぞれの団体の問題解決力、情報発信力、マネジメント力を高め、地域での活動をより深化させることを目指して、2015年に始まったプロジェクトです。

地域のアートマネジメント力を高める
SaMALの活動

1.相模湾・三浦半島アートリンク会議

市民が継続的にアート活動を行えるよう、アートプロジェクトの担い手同士の交流の場をつくっています。

会議では、企画、実施体制、運営ノウハウなど様々な話題が展開されます。異なる環境や背景をもつ各アートプロジェクトの実行メンバーが、共通の悩みを話し合ったり、他団体の経験を参考にしたりするなど、当事者同士ならではの情報交換ができます。

2.アートプロジェクト人材育成講座

専門家を招いてアートプロジェクトの可能性を学ぶ講座を企画し、開催しています。

アートプロジェクトの運営・実行、歴史、各地の事例など、アートマネジメントの分野で日本を代表する専門家をはじめとする講師から、実践で役立つ知識を学ぶことができます。

3.企画実践講座

専門家によるアドバイスのもと、プロジェクトの企画・マネジメントを実践する機会を提供しています。

アートプロジェクトを実施するにあたり、キュレーター・アートディレクターなどその企画に則したかたちで、各分野の専門家からアドバイスを受けながら、企画や展示を行うことができます。

4.アートプロジェクトのアーカイブ化

後世に記録を残すプロジェクトのアーカイブ化を研究、推進しています。

アーカイブとは重要記録の保存と活用、そして未来への伝達です。SaMALでは、地域発住民主体のアートプロジェクトにおけるアーカイブのあり方や方法について具体的に学ぶ機会を提供しています。

5.アートプロジェクトの調査・評価

アートプロジェクト関係者へのヒアリングなど実態調査を行い、現状認識を推進しています。

内容分析やデータの収集などがおろそかにされがちなアートプロジェクトにおいて、その重要性を知り、「調査・分析」の実践や手法の研究を行っています。

SaMALは相模湾・三浦半島エリアを中心に、アートプロジェクトを運営する人を応援します

例えば・・・

  • アートプロジェクトの実行委員、事務局やスタッフとして活動する方
  • 文化施設の学芸員、スタッフ
  • 行政の職員、NPO団体職員
  • アートプロジェクトに興味のある学生、ボランティアの方、市民の方

SaMALは連携するアートプロジェクトの参加を検討しています