SaMAL News

第1回 アートリンクキャラバン in 逗葉6月24日(土)開催

投稿者:SaMAL
2017.6.16

 アートリンクキャラバン【SaMAL 公開セッション】

「アートリンクキャラバン」は、SaMALの「人材育成講座」と「アートリンク会議」がジョイントした、地域のアートマネージメントのチカラを高める企画です。

第1部は、参加団体によるディスカッション(こちらは非公開です)

第2部は、ゲストスピーカーを招いての公開セッションでどなたでもご参加いただけます。

※ 収容人数に限りがありますので事前のお申込みをおねがいいたします。


日時:6月24日(土) 15:00〜16:45

場所:逗子・キリガヤ3階会議室

ゲスト:谷津倉龍三 氏(富士の山ビエンナーレ実行委員長、株式会社ヤツクラ代表取締役)
 
参加費:無料
 
谷津倉 龍三
 
 
【ゲスト・プロフィール】
 
谷津倉龍三(Ryuzo Yatsukura)
するがのくにの芸術祭 富士の山ビエンナーレ 実行委員長
株式会社ヤツクラ 代表取締役

1952(昭和27)年8月25日生 (62歳)
富士市岩淵(旧庵原郡富士川町)出身
富士市入山瀬在住

日本大学三島高校、日本大学商学部を卒業後、東京の事務用品卸問屋に勤務。その後家業である谷津倉商店に勤務。駿河青年会議所理事長などを経験し、2004年より株式会社ヤツクラ代表取締役に就任。従来から取り扱う事務用品・OA機器などに加え、てぬぐいたおる本舗事業の展開などで多角化を図る。2010年には富士市鷹岡に大学芋専門店『いもやゐも蔵』を出店し、話題を集める。かねてより構想を抱いていた富士の山ビエンナーレ事業を実現すべく、2013年12月に有志とともに実行委員会を設立し、実行委員長に就任。初開催を目前に控えた現在は、各参加アーティストや展示会場の提供先、各地域のイベント担当者との連絡など、事前の準備で多忙を極める。

 
■出典:http://www.shinbundo.com/c_6/p_22.html 星野新聞堂
■出典:http://sasaeruchikara.jp/ ふじのくにささえるチカラ
 
するがのくにの芸術祭 富士の山ビエンナーレ 2016 公式ホームページ

http://fujinoyama-biennale.com/

 
 
【公開セッション・ここがポイント!】
 
富士山のそば、旧東海道の複数の行政区にまたがる地域で開催された「富士の山ビエンナーレ」。
1年前に市民有志で実行委員会を立ち上げ、勉強会を重ね、市民の手で第1回(2014年)のビエンナーレは開かれました。今回の講座では、その準備活動や実行委員会による運営など、現場の苦労話をお聞きし、地域発・市民主体のアートプロジェクトの参考にしたいと思います。
 
【お申込み方法】
 
お問い合わせフォームの、お問い合わせ内容欄に「6月24日公開講座参加希望・参加人数 ○名」と明記の上、送信してください。
 
【会場へのアクセス】
 
会場:株式会社キリガヤ・会議室
所在地: 〒249-0002 神奈川県逗子市山の根1-2-35
連絡先: TEL 046-870-1500 FAX 046-870-1501
営業時間: 10:00~17:00(水曜定休)
アクセス: 電車でお越しの方 JR横須賀線「逗子駅」下車徒歩5分
 
株式会社キリガヤ ホームページ https://www.kirigaya.jp/access/
 
相模湾・三浦半島アートリンク(SaMAL = Sagami Bay and Miura Peninsula Art Link)とは、相模湾・三浦半島エリアにおいて活動する地域発住民主体のアートプロジェクトやアート関連団体を連携させ、相互に協力するネットワークを構築しようとするものです。 それぞれの団体の問題解決力、情報発信力、マネジメント力を高め、地域での活動をより深化させることを目指して、2015年に始まったプロジェクトです。