SaMAL News

第25回葉山芸術祭 4月22日(土)から開催

投稿者:葉山芸術祭
2017.4.21

神奈川県では各地でアートイベントブームが広がっています。その中で、25年の安定した運営を持続する「葉山芸術祭」は、今やブームの震源の一つとなっています。
今回も、企画参加のオープンハウスや、主催イベント「青空アート市」「あかりのイベント」のブース参加を得て、賑やかに「葉山芸術祭」が開催できることを嬉しく思います。

葉山町のなかでも御用邸で知られる一色地区は、県立近代美術館、しおさい公園、山口蓬春記念館が近接する文化地区ですが、芸術祭期間には森山神社のイベントやオープンハウス群が加わって、様々な芸術文化が同時に楽しめる地区となっています。

初夏の新緑の美しい季節。一色地区をはじめ、各地区の「葉山芸術祭」でアートを媒介とした出会いの散歩をお楽しみください。

会期 2017年4月22日〔土〕〜5月14日(日)開催時間は各企画による
概要 主催企画・企画参加など期間中多彩な展示や音楽、ワークショップ、アート市を開催
会場 葉山・逗子・横須賀・鎌倉にわたってのオープンハウス、店舗、展示場、屋外
主催 葉山芸術祭実行委員会
後援 葉山町(一部共催)/逗子市/葉山町教育委員会(一部共催)/逗子市教育委員会
公式ホームページ www.hayama-artfes.org

葉山芸術祭
私たちの日常生活の背景では、自然環境や生活環境がゆっくり、時に激しく変化しています。その変化に触発され、私たちはおそらく何かつぶやき、描き、あるいは奏で、そうした表現によって活力を生みだし、環境と自己とのバランスを保っています。 それらの表現の交流が多様なつながりを育み、地域の芸術・文化意識の深まりや成長を促し、私たちの世界を豊かにする。「葉山芸術祭」は、アートフェスティバルの可能性をそこに求めた住民たちによって創りだされた祭です。個人の自由な創作が地域社会にシナジェティックにつながるあたらしいかたちの祭です。