SaMAL News

SaMALアートリンクキャラバン みんなの芸術祭会議2019@小田原

投稿者:SaMAL
2019.11.9

相模湾・三浦半島アートリンク(SaMAL=Sagami bay and Miura peninsula Art Link)は、神奈川県の沿岸部、相模湾・三浦半島エリアにおいて地域発住民主体のアートプロジェクトやアート関連団体を連携させ、相互に協力するネットワークを構築しようとするものです。それぞれの団体の問題解決能力・情報発信力、マネジメント力を高め、地域での活動をより進化させることを目指して2015年にネットワークがはじまりました。

 アートリンクキャラバンは、加盟団体が活動するエリアをまわりながら、様々な課題を持つ各アートプロジェクトの団体が、情報を共有したり、担い手同士の交流の場をつくる取り組みです。2019年度は「おだわら城町アートプロジェクト」と連携し、小田原を会場に「アートは地域に何をもたらすのか?」をテーマとして、参加者全員で地域発住民主体のアートプロジェクトが抱える課題や可能性について話し合います。

【開催概要】

  日 時|2019年11月24日(日) 16:00-18:00

  場 所|オービックビル(神奈川県小田原市栄町2丁目9-46)

  定 員|40名

  参加費|無料

【プログラム】

  16:00- 開催のご挨拶・SaMALの紹介

  16:15- 2019年度 SaMAL加盟団体の活動報告(各団体15分)

       ①葉山芸術祭

       ②大磯芸術祭

       ③真鶴まちなーれ2019

  17:00-  休憩

  17:10-  全体セッション

               みんなの芸術祭会議 「アートは地域に何をもたらすのか?」

  18:00-  終了

【同日開催イベント】

 ①第20回 小田原まちなか軽トラ市 10:00-13:30 銀座通り南街区

 ②おだわら城町アートプロジェクト鑑賞ツアー 

     集合場所:オービックビル1階 13:30集合 -15:00解散予定

 

■ PDFダウンロードはこちら SaMAL1124

■ お問い合わせはこちら

相模湾・三浦半島アートリンク(SaMAL = Sagami Bay and Miura Peninsula Art Link)とは、相模湾・三浦半島エリアにおいて活動する地域発住民主体のアートプロジェクトやアート関連団体を連携させ、相互に協力するネットワークを構築しようとするものです。 それぞれの団体の問題解決力、情報発信力、マネジメント力を高め、地域での活動をより深化させることを目指して、2015年に始まったプロジェクトです。